人事や総務や労務管理している人

会社で人事・総務や労務管理・勤怠管理を担当している部署の方には、労働に関する法律の知識が必要になってくる場合があります。有給休暇や残業割増賃金など、労働基準法の知識が必要です。また、契約社員やパートさんを雇用している企業さんには労働契約法の知識も必要です。業務中に社員が怪我でもしたら、労災!いろいろ勉強しなければなりませんね。労働法の専門家は社会保険労務士です。社会保険の手続きも任せられますので、お近くの社労士事務所に顧問契約をしておくと、年末調整や労働保険料の申告も一連の手続きを任せることができます。労働・社会保険に関する法律の専門家、社労士さんにご相談されるといいですね。

労務に関する法律を知ろう

労務の法律を知っておくことで、自分の権利を守ることができます。例えば、サービス残業は違法ですし、有休をとらせてもらえないのも違法です。こういった問題を知っていれば自分で行動を起こして権利を守ることができますが、知らなければ防衛策をとることもできません。そのため、知っておくべきです。万一、自分の権利が侵害されたら行動をとりましょう。その際には、労務の法律に詳しい弁護士を活用するのが適切です。自分で行動すると、たとえ権利を主張しても、職場で不利益な取り扱いがなされてしまう心配がありますが、弁護士を挟めばそれがありません。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 労務管理に必要な知識とは All rights reserved