労務に対する支払いと法律の関係

法律は、労務に対する支払いについても詳細に規定しています。最低賃金という、一時間当たりの最低の賃金が法律で定められており、これに違反すると厳しい罰則が規定されているのです。最近は不景気でどの企業も効率を重視するため、人件費削減のために賃金を出来るだけ低く設定しようとすることが多いものです。しかし、定められた最低賃金を守らないと厳しい処分と改善命令が出されることが有ります。又、さらに悪質な場合には管理者が逮捕されてしまうことも有るのです。会社を経営する場合には労務と支払いの関係に関してしっかりと学習し、違反しないようにすることが大切です。

労務の相談は法律家を選ぶ

労務の法律相談は、弁護士にするのが良いです。その理由は、きちんとした法的根拠に基づく見解を聞くことができるからです。相談料はかかるのが普通ですが、初回無料としているばあや、無料相談会を開いていることがあるため、そういった機会を利用すれば費用は掛かりません。何より、法律のプロから正確な知識を得られるということは、自分が直面しているトラブルに対処するためには不可欠なことです。仮にそこまで気にする必要がないとの判断が示されていても、一人で悩み続ける必要がなくなり安心感が得られるという点で、相談する意味があったことになります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 労務管理に必要な知識とは All rights reserved