労務に係るトラブルはどうするか

最近、強制配転や不当な処分執行など、労務に関するトラブルが増えています。特に、非正規社員に関する処遇の問題は、ニュースなどで度々取り上げられますが、一向に減少していかないのが実態です。その理由のひとつに、労働者がこういった問題を相談する窓口が開かれていないことが上げられます。こういった実態を憂慮して、最近では会社が弁護士など法律の専門家と契約して、問題解決に乗り出しており効果を上げています。会社がこういった措置を講じていない場合でも、一人で考えるのではなく法律に精通した専門家に相談することが問題解決の近道です。

労務についての相談は弁護士に

労務についての相談は法律のプロである弁護士に頼ると、適切なアドバイスをもらうことができます。特に、労働法分野に関して知識を持っていて実績がある方なら、より良い内容のアドバイスをもらうことができます。どの分野を専門としているかは、弁護士事務所のホームページを見ればわかります。そこで、得意とする法律についての記載があるため、そこで労務を専門としていると書かれていれば、相談する相手として適任です。労働に関する問題は自分で会社とやり取りしてもうまくいかないことがありますが、弁護士が入れば改善される可能性が高くなります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 労務管理に必要な知識とは All rights reserved