交通事故直後に弁護士に相談を

交通事故弁護士は、被害者に代わり相手の保険会社と示談交渉を行います。示談交渉では賠償金の額や内容、過失割合などを決定し、加害者が被害者にいくら支払うかを決めます。損害賠償請求では、自分の過失割合分が差し引かれる過失相殺が行われます。過失割合は、事故直後の警察の見分書を参考に決められます。事故に遭ってしまったら、できるだけ直後に交通事故弁護士に相談しておけば過失相殺の決定についても被害者に有利なアドバイスがもらえて安心です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 労務管理に必要な知識とは All rights reserved