労務管理に必要な法律の知識

企業で人事総務を担当されている方は、労務管理・勤怠管理・賃金計算に、法律の知識が必要です。労働関連の法律と言えば、まず、労働基準法、労働契約法、育児介護法、雇用保険法、労災補償保険法、派遣法など、多岐にわたる知識が必要です。できれば、企業内には一人、社会保険労務士の資格を持つ人がいた方がいいでしょう。社会保険の手続き、雇用保険の手続き、労使の揉め事など、専門的知識を持った人がいれば安心です。昨今、労働行政はさまざまな問題を抱えています。企業内に派遣の方もパートさんも、契約社員の方もいらっしゃいます。雇用の問題は語っても尽きません。企業内に社労士さんがいて下さればいいですね。

労務の仕事は企業全体に関する

労務の仕事は、労働に関する一般的な事務を行うことです。労務は人事部や総務部に所属して、法律に関する知識を生かしながら会社全体に関する手続き関係の仕事を行います。人事や総務と業務内容が似ていたり、企業によっては人事や総務とかねて仕事をする場合もありますが、主な仕事は職員の勤怠管理や給与計算、社会保険・雇用保険・労災などの手続き、医療機関と連携した健康診断の実施などです。外部機関のスムーズな連携や、法律に関する専門的な知識などが要求される、企業にとってはなくてはならない業務の中心となる仕事といえるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 労務管理に必要な知識とは All rights reserved